4.デッキ材について「ハードウッド」

建材は主に、「ハードウッド」と「ソフトウッド」に分別されます。
名前の通り、ハードウッドは堅く耐久性の高い木材、ソフトウッドは軽めで加工しやすい木材です。

☆ハードウッド☆

ハードウッドの中でもっとも使用されることが多いのが「ウリン」。
水に対する耐久性はナンバーワン。
虫害にも強く、深みをもった赤褐色の木目は重厚感があります。
別名「アイアンウッド(鉄の木)」と呼ばれるほど、強い木材です。

耐久性・耐水性・耐塩性にすぐれ、バランスの取れたデッキ材として安定した人気があるのが「イぺ」。
多くの港湾デッキに使用されているという実績からも、その品質の高さがうかがえます。
防虫処理も不要です。

船の甲板にも使用されているのが「セランガンバツー」。
強度・耐久性ともに申し分なく、供給が安定しているために価格も手ごろです。
密度の高い木材ですので、木肌に重量感があり、出来上がりは落ち着いた雰囲気になります。

加工しやすいことが最大の特徴であるのが「イタウバ」。
市場に出回っている商品は、時間をかけてゆっくりと乾燥させたもの。
油分が多いため、木肌はとても滑らか。
また、黄色がかった褐色の木材が施工して数年経過するとシルバーがかった灰色になり、そういった日光による色の変化を楽しみたい方にはお勧めの木材です。



=関連の記事を読む=

«

»