6.基礎部分を作ろう①

基礎部分は、デッキ全体の重みを支える重要な部分。

本格的に土間コンクリートを流して固めて……という方法もありますが、プロでもない限り、これはちょっと大変な作業になってしまいます。
ここでは、DIY初心者でも出来る基礎部分の作り方を紹介します。

まずは設置場所を整えます。
雑草を抜き、設置面を平らにならしておきます。
デッキをのせてしまうと、掃除のできない部分ですから、ここは面倒がらず丁寧に。

土地の形状が著しい斜面状になっていない限り、基礎はホームセンターで普通に売られている「束石」を置くだけでも大丈夫です。

まず、束石を設置する場所を15cm以上掘ります。
穴の底を角材などで突き固め、砕石を入れてならしたあと、練ったモルタルを適量流します。
その上に束石を置きます。
最初に束石を置く位置は、デッキの四隅となる部分。
水平器で高さを調節しながら、設置していきます。
長さのある木材(反りの大きいものは不可)を束石の上に渡し、そこに水平器を置いてバランスを確認すると、わかりやすいでしょう。
デッキの広さによっては、四隅以外にも束石が必要です。
束石と束石の間が1~1.5mくらいになるよう、規則正しく設置します。



=関連の記事を読む=

«

»